金森長近築城から440年を迎え天空の城と名高い越前大野城

越前大野城

福井県大野市にある越前大野城は、大野市中心部にある亀山にそびえる平山城で、雲海のなかに浮かび上がるさまは「天空の城」といわれています。大野城にはかつて大野藩の藩庁が置かれていましたが、いまは公園となり天守閣も昭和43年に再建されています。

越前大野城のアクセス方法と駐車場

越前大野城は市街地を見下ろす高台にあり、越前大野駅から徒歩15分ほどで登城口に向かい、ここから天守までは階段またはスロープとなりますので徒歩10分ほどです。
公共交通機関としては、越前大野駅から京福バス55系統大野線上りに乗って大野六間で降り、ここからは登城口を経て天守まで徒歩で向かいます。
または、まちなか循環バスの赤バスに越前大野駅から乗って結ステーションバス停で降りて登城口に至る方法もあります。

マイカーやレンタカーの場合は、東海北陸自動車道白鳥ICから油坂峠道路経由で1時間、または北陸自動車道福井ICから30分です。
天守まではいけませんが、山麓に無料駐車場があります。

越前大野城の営業時間と料金

越前大野城の営業時間は、4月から9月が午前9時から午後5時まで、10月から11月が午前6時から午後4時までです。
12月から翌年3月までは休館となります。
入館料は大人300円、小人無料です。

越前大野城の御城印

福井県の五名城「越前大野城」「丸岡城」「一乗谷城」「佐柿国吉城」「金ヶ崎城」への登城の証として、御城印がそれぞれ頒布されています。
代金は1枚300円です。
越前大野城は金森長近が築城してから2020年で440年を迎えたことから、2020年5月から2021年5月にかけて限定御城印が頒布されています。
金色の龍をあしらったデザインで金森家の家紋の裏梅鉢紋の朱印が押されており、通常と同様に1枚300円で大野城入館窓口で購入できるようになっています。

シェアする