北陸自動車道料金・サービスエリア・路線図ほか

expwy

北陸自動車道とは、磐越自動車道に接続する新潟中央ジャンクションから名神高速道路に接続する米原ジャンクションまでを結ぶ、供用済み区間の延長が476.5キロメートルの高速道路です。高速道路ナンバリングによる路線番号は、E8となっています。この路線は途中で関越自動車道、上信越自動車道、東海北陸自動車道、能越自動車道、中部縦貫自動車道、舞鶴若狭自動車道にも接続しています。

北陸自動車道の高速道路料金

我が国の高速道路・有料道路の基本的な料金体系は、対距離料金制を採用する場合には

距離(km)× キロ単価 + ターミナルチャージ(150円)+ 消費税
ただし、キロ単価は 大都市近郊区間29.52円/km、普通区間24.6円/km など

となっています(普通車の場合)。
ただし、対距離料金制区間を100キロ以上走行の場合の長距離低減制、ETCで走行する場合のETC割引などの、いくつかの例外があります。

ETCで走行する場合には、次のようなETC限定の各種割引制度がありますので、走行した区間が対象路線などの条件に該当していれば、通常料金からの大幅な割引が受けられます。

平日朝夕割引
平日朝(6時~9時)、夕(17時~20時)にNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方部の高速道路(東京近郊・大阪近郊は対象外)または宮城県道路公社の仙台松島道路を通行した場合、通行料金を30パーセントから50パーセント還元
ただし、「ETCマイレージサービス」に事前登録が必要
休日割引
土曜日・日曜日・祝日・1月2日から3日までにNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方部の高速道路(東京近郊・大阪近郊は対象外)または宮城県道路公社の仙台松島道路を通行した場合、普通車・軽自動車等(二輪車)に限り通行料金を30パーセント割引
深夜割引
毎日午前0時~午前4時にNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方部の高速道路(京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路は対象外)または宮城県道路公社の仙台松島道路を通行した場合、通行料金を30パーセント割引

北陸自動車道のサービスエリアと路線図

北陸自動車道の路線図やサービスエリア・パーキングエリア情報は、各道路会社の公式ホームページなどにパソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして調べることができます。

北陸自動車道のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)の一覧は次のとおりです。

神田PA、賤ヶ岳SA、刀根PA、杉津PA、南条SA、北鯖江PA、女形谷PA、尼御前SA、安宅PA、徳光PA、不動寺PA、小矢部川SA、高岡PA、呉羽PA、流杉PA、有磯海SA、入善PA、越中境PA、蓮台寺PA、名立谷浜SA、大潟PA、米山SA、刈羽PA、大積PA、栄PA、黒埼PA

なお、これらのサービスエリア・パーキングエリアにインフォメーションコーナーや道路情報ターミナル端末などがある場合には、リアルタイムで渋滞・交通事故・通行止め・ランプ閉鎖・冬用タイヤまたはチェーン装着規制・工事中などの箇所や内容などがわかります。

また、全国のサービスエリア・パーキングエリアのなかには、ETC車で一般道への出入りができるスマートインターチェンジ(SIC)、一般道の「道の駅」や都市公園などと連結したハイウェイオアシスをもつものがあります。

サービスエリアの記念スタンプ

高速道路のサービスエリアやパーキングエリアには記念スタンプが設置されていることがあります。これらの記念スタンプには、その土地ごとの名産品、名所旧跡、著名な人物などがあしらわれており、旅の思い出として無料での押印が可能です。
スタンプ収集のための無料チェックシートも高速道路会社の公式ホームページからダウンロードすることができますので、事前にプリントした上で持っていくと便利です。そのほかにも一部のサービスエリアなどではハイウェイスタンプブックを有料で販売しており、こちらは施設や周辺観光のガイドブックを兼ねたデザインとなっていますので、収集したスタンプを整理するのがよりスムーズになります。
なお、スタンプの図柄(意匠)はサービスエリア・パーキングエリアの上下線でそれぞれ異なっているのが普通ですが、共通の場合もあります。また、押印は24時間いつでも可能というところがあるいっぽうで、売店の営業時間のみというところもあります。

JH主催のパッケージツアー

高速道路をマイカーで通行する場合、バスを利用する場合を問わず、遠方に旅行をした際の宿泊は、民間のホテル予約専門サイトや旅行代理店などを通じて行うのが一般的です。しかし東日本高速道路株式会社などのJH各社でも法律にもとづく旅行業の登録を済ませており、こうしたJHみずからが主催するパッケージツアーも存在しています。
通常は参加したいプランがいくつかありますので、日程や内容をもとに選択して事前に予約をします。宿泊付きの場合には当然ながら現地のホテル・旅館などもツアー申し込みとあわせて確保されます。