ユネスコ無形文化遺産の大日堂舞楽で有名な大日霊貴神社

大日霊貴神社

秋田県鹿角市八幡平の大日霊貴神社は、継体天皇がだんぶり長者と娘の吉祥姫の慰霊のための創建したと伝わる神社です。ユネスコ無形文化遺産に登録された「大日堂舞楽」の舞台となっている社殿は秋田県内でも最大規模の神社建築となっています。

大日霊貴神社のアクセス方法と駐車場

住所 鹿角市八幡平字堂ノ上16
電話 0186-32-2706

大日霊貴神社に公共交通機関でアクセスする場合、JR花輪線に乗り八幡平駅で降りて徒歩3分です。
車の場合は東北自動車道「鹿角八幡平IC」で降りて約5分となります。
境内の近くの八幡平駅前駐車場を利用することができます。

大日霊貴神社の御朱印

大日霊貴神社の境内には入り口近くに社務所がありますが、御朱印については残念ながら対応していないようです。

シェアする