東北自動車道の路線図やサービスエリア・通行料金

expwy

東北自動車道とは、東京外環自動車道に接続する川口ジャンクションから青森インターチェンジまでを結ぶ、供用済み区間の延長が679.5キロメートルの高速道路です。高速道路ナンバリングによる路線番号は、E4となっています。この路線は途中で首都圏中央連絡自動車道、北関東自動車道、日光宇都宮道路、磐越自動車道、東北中央自動車道、山形自動車道、仙台南部道路、仙台北部道路、秋田自動車道、釜石自動車道、八戸自動車道、青森自動車道にも接続しています。

東北自動車道の料金

我が国の高速道路・有料道路の基本的な料金体系は、原則としては対距離料金制で、

距離(km)× キロ単価 + ターミナルチャージ(150円)+ 消費税
ただし、キロ単価は 大都市近郊区間29.52円/km、普通区間24.6円/km など
10円未満の端数は四捨五入

となっています(普通車の場合)。ただし、対距離料金制区間を100キロ以上走行の場合の長距離低減制、ETCで走行する場合のETC割引などの、いくつかの例外があります。

ETCで走行する場合には、次のようなETC限定の各種割引制度がありますので、走行した区間が対象路線などの条件に該当していれば、通常料金からの大幅な割引が受けられます。

平日朝夕割引
平日朝(6時~9時)、夕(17時~20時)にNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方部の高速道路(東京近郊・大阪近郊は対象外)または宮城県道路公社の仙台松島道路を通行した場合、通行料金を30パーセントから50パーセント還元。ただし、「ETCマイレージサービス」に事前登録が必要。
休日割引
土曜日・日曜日・祝日・1月2日から3日までにNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方部の高速道路(東京近郊・大阪近郊は対象外)または宮城県道路公社の仙台松島道路を通行した場合、普通車・軽自動車等(二輪車)に限り通行料金を30パーセント割引。
深夜割引
毎日午前0時~午前4時にNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する地方部の高速道路(京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路は対象外)または宮城県道路公社の仙台松島道路を通行した場合、通行料金を30パーセント割引。

東北自動車道のサービスエリアと路線図

東北自動車道の路線図やサービスエリア・パーキングエリア情報は、各道路会社の公式ホームページなどにパソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして調べることができます。
東北自動車道のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)の一覧は次のとおりです。

蓮田SA、羽生PA、佐野SA、都賀西方PA、大谷PA、上河内SA、矢板北PA、黒磯PA、那須高原SA、阿武隈PA、鏡石PA、安積PA、安達太良SA、福島松川PA、吾妻PA、国見SA、蔵王PA、菅生PA、泉PA、鶴巣PA、三本木PA、長者原SA、志波姫PA、金成PA、中尊寺PA、前沢SA、北上金ヶ崎PA、花巻PA、紫波SA、矢巾PA、滝沢PA、岩手山SA、前森山PA、畑PA、田山PA、湯瀬PA、花輪SA、小坂PA、阿闍羅PA、津軽SA、高舘PA

なお、これらのサービスエリア・パーキングエリアにインフォメーションコーナーや道路情報ターミナル端末などがある場合には、リアルタイムで渋滞・交通事故・通行止め・ランプ閉鎖・冬用タイヤまたはチェーン装着規制・工事中などの箇所や内容などがわかります。

また、全国のサービスエリア・パーキングエリアのなかには、ETC車で一般道への出入りができるスマートインターチェンジ(SIC)、一般道の「道の駅」や都市公園などと連結したハイウェイオアシスをもつものがあります。

高速道路の見学

JH(高速道路株式会社)では一般向けの見学会やツアーを開催することがあり、このような機会に参加すれば、高速道路の建設や管理といった裏側のようすまで知ることができます。
過去に開催されたツアーのなかでは、たとえば巨大トンネルの関越トンネル内部を見学して換気塔から地上まで探検するツアー、東京湾アクアラインの海底トンネル内の緊急避難用通路をめぐるツアー、巨大なティスプレイで常時監視を行う高速道路の道路管制センターを見学するツアーなどがあります。
これらはチラシやインターネットなどで随時募集されているほか、営業所に直接問い合わせる方法もあります。

サービスエリア・パーキングエリアの道路交通情報

交通事故や渋滞、入口閉鎖、通行止めなどの高速道路情報をリアルタイムで知りたい場合に使えるいくつかの方法があります。
たとえば高速道路のサービスエリア・パーキングエリアでは、交通モニターや掲示板、インフォメーションなどで広域の道路交通情報を提供しています。情報の伝え方は多様ですが、最近では休憩スペースに大型のディスプレイが設置されており、色別に渋滞の程度や通行止めの区間などの詳細がわかるようになっていることが多いといえます。
そのほかにも高速道路のルートや途中のサービスエリア・パーキングエリアの位置などを知りたいのであれば、インフォメーションコーナーで高速道路ガイドマップを頒布していますので、これを手元に置いてドライブをするのも有効です。
もちろん高速道路会社が提供するスマートフォンのアプリを活用する方法などもありますので、利用のしかたによって使い分けるのがよいでしょう。