東北最古の寺院とされる法相宗の高僧徳一開基の慧日寺跡

慧日寺跡

福島県磐梯町の慧日寺(えにちじ)跡は、平安時代の初めに法相宗の高僧徳一によって開基された寺院の跡で。由緒のわかる寺院としては東北最古といわれます。昭和45年に国史跡に指定され、復元整備が行われました。

慧日寺跡のアクセス方法と駐車場

住所 磐梯町大字磐梯字本寺八幡4614-5ほか
電話番号 慧日寺資料館 0242-73-3000

慧日寺跡はマイカーやレンタカーでのアクセスが便利で、磐越自動車道の磐梯河東インターチェンジより車で5分ほどです。
境内前に50台収容の無料駐車場があります

慧日寺資料館の営業時間と料金

慧日寺跡には、慧日寺の歴史や山岳信仰との関わり、文化財などを提示する磐梯山慧日寺資料館があります。また、野外展示施設として厩嶽山馬頭観音覆堂などがあります。
磐梯山慧日寺資料館は、4月1日から11月30日まで無休、開園は9時から17時(受付16時30分まで)が営業時間となっています。
入場料は、一般・大学生が500円、高校生が400円、小・中学生が300円です。
史跡慧日寺跡金堂・中門と共通入館券となっています。

シェアする