世界最大級の木造建築・大仏殿で有名な東大寺

東大寺

奈良県奈良市の東大寺は、聖武天皇の勅願により建立され、世界最大級の木造建築である東大寺大仏殿で有名です。古都奈良の文化財としてユネスコの世界遺産にも登録されています。

東大寺のアクセス方法と駐車場

東大寺に公共交通機関でアクセスするには、JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バスに乗り、「大仏殿春日大社前」バス停で下車して徒歩5分ほどです。
マイカーやレンタカーの場合は、名阪国道の天理インターチェンジまたは京奈和自動車道の木津インターチェンジからそれぞれ20分程度となります。
東大寺に一番近い駐車場としては、県営大仏前駐車場がありますが、予約制で原則としてバス専用となっています。
民間ではGSパーク東大寺西大門駐車場がありますが、平日8時から20時までは30分200円、当日最大700円ですが、土日祝日は20分300円です。

東大寺の営業時間と入場料金

東大寺では大仏殿、法華堂(三月堂)・戒壇堂、千手堂、東大寺ミュージアムのそれぞれで入堂料があります。
入堂料は、大人(中学生以上)が600円、小学生が300円ですが、大仏殿・東大寺ミュージアムのセット券は大人(中学生以上)1000円、小学生400円です。

営業時間は、4月から10月の時期は大仏殿が7時30分から17時30分、法華堂(三月堂)・戒壇院千手堂が8時30分から16時、東大寺ミュージアムが9時30分から17時30分です。冬場はこれよりも時間が短縮されます。

シェアする