天下三戒壇の古代寺院で道鏡の左遷先としても知られる下野薬師寺

下野薬師寺

栃木県下野市にある下野薬師寺は、古代に栄えた寺院の跡で、東大寺・筑紫観世音寺とともに僧侶になるための資格を与える「戒壇」が置かれたことから「天下三戒壇」のひとつに数えられます。称徳天皇から皇位を簒奪しようとしとして道鏡が左遷された寺院としても知られています。

下野薬師寺のアクセス方法と駐車場

下野薬師寺に電車でアクセスする場合、JR東北本線の自治医大駅で降りて、東口を出て約3キロ、あるきで30分ほどかかります。
車でアクセスする場合、北関東自動車道の宇都宮上三川インターチェンジから約10分です。
現地には下野薬師寺歴史館が至近距離にあり、ここの無料駐車場が使えます

下野薬師寺歴史館とは

下野薬師寺歴史館館は、下野薬師寺跡に隣接して建設された下野薬師寺跡のガイダンス施設です。館内には下野薬師寺の発掘調査で発見された瓦などの遺物や復元模型、映像資料などが展示されており、下野薬師寺の歴史をわかりやすく解説しています。入館料は無料です。

開館時間:午前9時から午後5時まで
休館日:月曜日、第3火曜日、祝日の翌日(土・日・祝日は開館)、年末年始

シェアする