国重要文化財の長大な拝殿の珍しい長床をもつ新宮熊野神社

新宮熊野神社

福島県喜多方市の新宮熊野神社は、前九年の役の際に源頼義が戦勝祈願のために勧請したのが始まりといわれます。鎌倉時代に建立され、慶長年間に会津地震で倒壊後に再建された拝殿の長床は茅葺き寄せ棟造りの建物で国重要文化財です。

新宮熊野神社のアクセス方法と駐車場

住所 福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野2258
電話番号 0241-23-0775

新宮熊野神社は喜多方の市街地の南西側の山際にありますので、マイカーかレンタカー、またはタクシーで行くのが便利です。
国道121号バイパスの喜多方インターまたは塩川インターから10分です。
境内に無料駐車場があり、混雑時は臨時駐車場も使えます。

新宮熊野神社の営業時間と料金

新宮熊野神社の拝観時間は8時30船から17時までですが、冬期間(12月から3月まで)は土・日・祝日のみ見学可となっています。
料金は大人300円、高校生200円、中学生以下無料で、団体20名以上は割引があります。

シェアする