重厚な茅葺屋根の本堂をもつ国史跡の出羽の名刹・慈恩寺

慈恩寺

写真:車いすで行く神社仏閣・パワースポットの旅

山形県寒河江市の慈恩寺は、奈良時代に婆羅門僧正の建立と伝えられる由緒ある寺院です。藤原摂関家の荘園があったことから都の文化が流入し、いまでも貴重な仏像の数々を安置しています。慈恩寺の境内は国史跡に指定されており、ガイダンス施設も整備されました。

慈恩寺のアクセス方法と駐車場

住所 山形県寒河江市大字慈恩寺地籍31番地
電話番号 0237-87-3993

慈恩寺に公共交通機関でアクセスする場合、JR左沢線「羽前高松駅」で降りて徒歩約20分となります。
マイカーやレンタカーの場合は、山形自動車道「寒河江インター」でおりて約15分です。
境内の手前に無料駐車場があり、トイレも設置されています。

慈恩寺の営業時間と料金

慈恩寺の拝観料は一般700円、15名以上600円、障害者割引600円、学生割引500円となっています。
ただし、本堂に入らず境内だけであれば無料です。
拝観時間は8:30から16:00で、年中無休となっています。

シェアする