仙石氏の居城で桜の名所にもなっている豊岡市の出石城

出石城跡

兵庫県豊岡市の出石城は、関ヶ原の戦い後に所領を安堵された小出吉英が、山上にあった以前の有子山城を廃城とし、山麓の部分のみを生かして築いた城です。江戸末期には仙石氏の居城でしたが、江戸末期にはお家騒動として有名な「仙石騒動」がおこっています。明治時代には廃城令で取り壊しとなりますが、辰鼓楼や堀、石垣などが現存し、桜の時期には花見の名所ともなっています。

出石城のアクセス方法と駐車場

出石城へのアクセスですが、公共交通機関を使う場合は豊岡駅から全但バス「出石行き」に乗って20分、終点で下車します。
マイカーやレンタカーの場合は、舞鶴若狭自動車道の福知山インターチェンジから1時間、または北近畿豊岡自動車道日高神鍋高原インターチェンジから20分です。
駐車場は有料であり、大手前駐車場であれば普通車400円です。