茨城

神社

茨城県護国神社

茨城県護国神社は、茨城県水戸市に鎮座する神社で、江戸幕末から昭和にかけての戦没者を祭神として祀っています。明治初期に常磐神社の境内に創建された鎮霊社がその起源で、昭和16年(1941)に偕楽園内の桜山に遷座しました。戦後の一時期には「桜...
寺院

滝野不動堂

滝野不動堂は、茨城県笠間市にある不動明王を祀る小堂です。カルスト地形の岩肌を背景にして懸崖造りで建てられており、笠間市の指定文化財になっています。江戸時代中期に笠間城下の商人・滝野伊兵衛らが寄進したものといい、木鼻には龍や獅子などの彫刻が...
神社

内外大神宮

内外大神宮は、茨城県筑西市にある神社で、かつて伊勢神宮の荘園にあたる小栗御厨が置かれた場所に勧請されたものです。内宮・外宮の2つの本殿が並立した伊勢神宮と同様のつくりで、境内の御遷殿などの建造物は国の重要文化財に指定されています。この地域...
寺院

久昌寺

久昌寺は、茨城県常陸太田市にあり、日蓮宗の由緒寺院にあたります。水戸藩2代藩主の徳川光圀(義公)が生母・久昌院の菩提を弔うために創建した寺院で、江戸時代には日蓮宗の学問所である檀林(三昧堂檀林)が置かれました。明治時代の神仏分離により一時...
寺院

来迎院

来迎院は、茨城県龍ケ崎市にある天台宗の寺院です。境内に関東では珍しい国重要文化財の多宝塔があることで知られ、宝珠の銘文から弘治2年(1556)に江戸崎城主・土岐治英が修繕をしたことがわかっています。江戸時代には上野寛永寺の資金援助で本堂を...
神社

女化神社

女化神社(おなばけじんじゃ)は、茨城県龍ケ崎市の飛地にある神社です。食物を司る保食命(うけもちのみこと)を祀るため「女化稲荷神社」とも呼ばれます。猟師が射ようとしたキツネを救った男のもとに、女に化けたキツネが嫁して恩返しをした伝説から、こ...
神社

薩都神社

薩都神社は、茨城県常陸太田市にある神社で、『常陸国風土記』にも登場する古い歴史を持ちます。人里近くで猛烈な祟りをなすので、神に祈願して「賀毘礼の峰」といわれた今の御岩山頂に移されたものの、あまりにも険しく参拝が困難なため、大同元年(806...
寺院

江戸崎不動院

江戸崎不動院は、茨城県稲敷市にある天台宗の寺院です。平安時代に慈覚大師が開山したと伝えられますが、特に江戸時代初期の幕府において絶大な力を振るった天海僧正が随風と名乗っていた頃、江戸崎城主・芦名盛重の招きに応じて住職を務めていた寺院として...
寺院

長禅寺

長禅寺は、茨城県取手市にある臨済宗の寺院で、承平年間に平将門が創建したと伝えられています。境内にある「三世堂」は、現存するさざえ堂形式の貴重な観音堂として知られており、上りと下り専用の階段で他人と交差せずに参拝ができるように工夫されていま...
パワースポット

牛久大仏

牛久大仏は、茨城県牛久市に造立された大仏で、台座までをあわせた全高は120メートルほどと、ブロンズ立像としては世界最大の規模を誇っています。ギネスブックにも登録された大仏の内部には展望台があり、天候次第では富士山までが見渡せるほか、大仏の...