医療費控除

 





医療費控除 中国地方


下関税務署での医療費控除の手続き

医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント

医療費控除と高速道路代

病院に通院するために電車代やバス代がかかった場合には、これらの交通費は医療費控除の適用を受けることができます。タクシーに関しては通常は認められませんが、病状から見て急を要する場合や、電車やバスが利用できない場合には、タクシー代を医療費控除に含めることは可能です。この場合、タクシー代の中に高速道路の利用料金が入っていたとしても、そのその高速道路の利用料金も医療費控除の対象とすることができます。


自治体の独自施策による医療費助成がある場合

自治体によっては中学生未満などの一定の年齢区分にあてはまる住民が医療を受診した場合に、その自治体独自の施策として、医療費の自己負担額を減免していることがあります。このような場合に、もしも医療費通知には減免される前の額が記載されていたとしても、医療費控除が認められるのはあくまでも減免後の実際に支払った額だけとなります。


下関税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
下関税務署(署番号08215)
所在地 下関市竹崎町4丁目6番1号
電話番号 083-222-3441
備考


確定申告期間と特設会場

2021年(2020年分)の確定申告期間は4月15日(例年は3月15日だがコロナウイルス対策で期間延長)をもって終了し、全国の各税務署が開設していた特設会場での相談受付もすでに行われていません。
ただし、医療費控除のような還付申告は、毎年の確定申告期間に関係なく、5年間は行うことができるとされていますので、今後の申告は下関税務署において直接受け付けることになります。


下関税務署への電話相談

下関税務署の電話番号に電話を掛けると自動音声案内で用件に応じていずれかの番号をプッシュするように誘導されます。
税金に関する一般的な相談の場合は「1」を、「税務署からのお尋ね」に対する回答や個別の納税相談、税務署に直接来庁する場合のアポイントメント(予約)をしたい場合は「2」をプッシュします。



↑ ページの最初に戻る