医療費控除

 



医療費控除 中部地方

多治見税務署での医療費控除の手続き



医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント



XML形式の医療費通知

電子申告(e-Tax、イータックス)により確定申告を行う際に、医療保険者から交付された、XML形式の「医療費通知」データであって、その医療保険者の電子署名及び電子証明書が添付されたものを所得税の確定申告書データに添付して送信する場合には、紙の「医療費通知」と同様に、「医療費控除の明細書」の記載を簡略化することができます。XML形式とは、インターネット上などで構造化されたデータの鋼管をしやすくするための格納形式のことをいいます。


スマートフォンによる医療費控除の入力

所得税の電子申告のしくみであるe-tax(イータックス)を使えば、従来のようなパソコンからだけではなく、スマートフォンからでも確定申告書の作成と申告ができるようになりました。この場合、事前準備としてマイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォンの機種を使っており、なおかつマイナンバーカードの発行をすでに受けているか、または税務署(または出張窓口)に出向いて利用者識別番号(ID)と暗証番号(パスワード)の登録を受けていることが必要です。スマートフォン専用の画面から源泉徴収票などに基づいて収入や所得などを順次入力すると、「控除の入力」という画面が表示されます。この中に「医療費控除」のボタンがありますので、タップして従来の医療費控除、セルフメディケーション税制のどちらかをラジオボタンで選択、医療を受けた人の氏名や病院名、支払年月日、医療費の区分などをそれぞれ入力すれば完了です。なお、この入力にあたっては、病院などが発行した手元の領収書をもとに1件ずつ入力する方法、医療費の合計額だけ入力して別途「医療費控除の明細書」を添付する方法、医療保険者が発行した「医療費のお知らせ」や領収書から入力する方法を選択することができます。


多治見税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
多治見税務署(署番号06411)
所在地 多治見市白山町一丁目209番地
電話番号 0572-22-0101
備考


多治見税務署の確定申告会場・申告期間

多治見税務署管内の令和元年分(2019年分)の所得税の確定申告の申告会場や開設期間は次のとおりです。

多治見税務署管内
申告会場:多治見税務署
開設期間:令和2年(2020年)2月17日(月)から3月16日(月)まで
※ 土曜日・日曜日・祝日等は原則として税務署は休みですが、一部の税務署では確定申告期間中に限り日曜・休日開庁することがありますので、詳細はお問い合わせください。
備考: 

※ なお、国税庁ホームページからインターネットを使って申告書の作成や印刷、提出ができる「確定申告書等作成コーナー」は、1月6日(月)から令和元年分所得税等の申告用バージョンに切り替わっています。それ以前のものは「過去の年分の申告書等の作成」メニューから作成します。


多治見税務署への電話相談

多治見税務署の電話番号に電話を掛けると自動音声案内で用件に応じていずれかの番号をプッシュするように誘導されます。
税金に関する一般的な相談の場合は「1」を、「税務署からのお尋ね」に対する回答や個別の納税相談、税務署に直接来庁する場合のアポイントメント(予約)をしたい場合は「2」をプッシュします。
また、令和2年1月6日(月)から3月16日(月)(所得税の確定申告最終日)までの期間中に「0」をプッシュすると、確定申告の期間や仕方、申告会場などについての照会や相談ができます。(オペレーター、内容により税理士や税務署職員が応対します。)



↑ ページの最初に戻る