医療費控除

 



医療費控除 中部地方

刈谷税務署での医療費控除の手続き



医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント



平成28年分以前の確定申告書を提出する場合

平成29年分以後の確定申告書において医療費控除の適用を受けたい場合には、制度改正によって添付書類が簡素化されているため、医療費の領収書から「医療費控除の明細書」を作成し、確定申告書に添付するだけで足ります。しかし、平成28年分以前の確定申告書を提出する場合には、制度が簡素化される以前となりますので、医療費の領収書を確定申告書に添付するか、または確定申告書を提出する際に提示する必要があります。なお、給与所得のある人は、これらのほかにも給与所得の源泉徴収票(原本)の添付が必要です。


眼鏡(メガネ)・コンタクトレンズの購入と医療費控除

医療費控除は病院などの医療機関で直接診察や治療を受けた場合の自己負担の費用のほかにも、通院のための交通費、医薬品の購入費、一部の介護保険サービスの自己負担費用や補装具の購入費などについてね認められることがあります。眼鏡(メガネ)やコンタクトレンズを購入した場合の代金が医療費控除に該当するかどうかですが、一般的な近視や遠視の矯正のためのものであれば、医療費控除の対象にはなりません。しかしながら、白内障などの病気の治療に必要な眼鏡等の購入費用という名目であれば、医療費控除の対象に含めることが可能です。この場合には、疾病名や治療を必要とする症状を医師が明確に記載した処方箋を、証拠書類として確定申告書に添付もしくは提示するか、または証明年月日・証明書の名称・証明者の名称(医療機関名)を「医療費控除の明細書」に記載しておくことが必要です。いずれにしても処方箋そのものを取得しておくことは必要であり、税務署に提出しない場合であっても自宅で5年間は保存しておく義務があります。


刈谷税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
刈谷税務署(署番号06131)
所在地 刈谷市若松町一丁目46番地1
電話番号 0566-21-6211
備考


刈谷税務署の確定申告会場・申告期間

刈谷税務署管内の令和元年分(2019年分)の所得税の確定申告の申告会場や開設期間は次のとおりです。

刈谷税務署管内
申告会場:刈谷税務署
開設期間:令和2年(2020年)2月17日(月)から3月16日(月)まで
※ 土曜日・日曜日・祝日等は原則として税務署は休みですが、一部の税務署では確定申告期間中に限り日曜・休日開庁することがありますので、詳細はお問い合わせください。
備考: 

※ なお、国税庁ホームページからインターネットを使って申告書の作成や印刷、提出ができる「確定申告書等作成コーナー」は、1月6日(月)から令和元年分所得税等の申告用バージョンに切り替わっています。それ以前のものは「過去の年分の申告書等の作成」メニューから作成します。


刈谷税務署への電話相談

刈谷税務署の電話番号に電話を掛けると自動音声案内で用件に応じていずれかの番号をプッシュするように誘導されます。
税金に関する一般的な相談の場合は「1」を、「税務署からのお尋ね」に対する回答や個別の納税相談、税務署に直接来庁する場合のアポイントメント(予約)をしたい場合は「2」をプッシュします。
また、令和2年1月6日(月)から3月16日(月)(所得税の確定申告最終日)までの期間中に「0」をプッシュすると、確定申告の期間や仕方、申告会場などについての照会や相談ができます。(オペレーター、内容により税理士や税務署職員が応対します。)



↑ ページの最初に戻る