医療費控除

 





医療費控除 東北地方

会津若松税務署での医療費控除の手続き



医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント



10万円以下であっても医療費控除の対象になる場合とは

医療費控除は本人や配偶者、生計を同一にする親族などが1年間に支払った医療費の合計額が原則として10万円を超える場合について、適用の対象になるとされています。しかし、合計額が10万円以内であったとしても、医療費控除の対象になることはあります。ひとつには総所得金額等が200万円未満の場合には、その5パーセント相当額を超えていれば医療費控除が受けられることになっています。ほかに医療費控除の特例である「セルフメディケーション税制」を使う方法があります。セルフメディケーション税制は薬局・ドラッグストアなどで購入したスイッチOTC医薬品の購入費用の合計額が12,000円を超える場合が対象となります。これは従来の医療費控除と比較して、どちらか有利なほうを納税者が選択する制度となっています。なお、スイッチOTC医薬品とは、医師が処方する医療用医薬品と同様の成分をもつ医薬品で、一般にも市販されるようになったものを指し、風邪薬や胃腸薬、抗アレルギー薬などでさまざまな種類のものが出回っています。これらセルフメディケーション税制の対象品目となっている医薬品一覧は、厚生労働省のホームページに記載されています。


おむつ使用証明書

法令の改正により、従来は所得税の医療費控除を受けるために必要だった領収証のような証拠書類の提出は必要なくなりました。しかし、寝たきりの人のおむつ代について医療費控除の適用を受ける場合のように、特定の支出について受ける場合には、医師が発行した「おむつ使用証明書」などの証拠書類を確定申告書に添付して提出するか、または申告の際に提示することとされています。これらは税務署や市町村役場などで配布している「医療費控除の明細書」裏面に「添付又は提示が必要な書類」として例示されています。ただし、法令改正の趣旨は提出書類の簡略化にありますので、このように本来は提出または提示が必要な書類であっても、証明年月日、証明書の名称及び証明者の名称(医療機関名等)を「医療費控除の明細書」の欄外余白などに記載することによって、確定申告書への添付または提示を省略することは可能です。


会津若松税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
会津若松税務署(署番号05311)
所在地 会津若松市城前1番82号
電話番号 0242-27-4311
備考


新型コロナウィルス対策で申告・納付期限延長

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、所得税の確定申告期限・納付期限は令和2年4月16日(木)まで延長、振替納税の場合の振替日は5月15日(金)に延期されました。

ただし、外出自粛などでこの期限内の申告が困難な人については、4月17日以降も申告を受け付ける柔軟な対応をすることになりました(4月6日付け国税庁発表)。4月17日以降の申告相談は原則として事前予約制になります

会津若松税務署への電話相談

会津若松税務署の電話番号に電話を掛けると自動音声案内で用件に応じていずれかの番号をプッシュするように誘導されます。
税金に関する一般的な相談の場合は「1」を、「税務署からのお尋ね」に対する回答や個別の納税相談、税務署に直接来庁する場合のアポイントメント(予約)をしたい場合は「2」をプッシュします。



↑ ページの最初に戻る