医療費控除

 





医療費控除 北海道地方

旭川中税務署での医療費控除の手続き



医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント



日常生活用具給付事業によるストーマ用装具と医療費控除

所得税や住民税の医療費控除を受けることができる対象としては、病院における治療費などのほかにも、ストーマ(人工肛門)を造設した人のストーマ用装具の購入費も含まれます。ただし、この場合の対象となる費用は、最初から自費で装具を購入した分や、日常生活用具給付事業によって市町村から日常生活用具給付券の給付を受けた金額を超過して購入した分に限られます。日常生活用具給付券による購入分は、いわば費用を二重計上したようなかたちとなりますので、医療費控除では認められません。


医療費控除の対象となる医療費

医療費控除の対象となる医療費は、病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額が対象とされています。これには医師や歯科医師による診療や治療の対価、治療のためのはり・きゅう・あん摩・マッサージなどによる施術の対価、助産師による分べん介助の対価、医師による一定の特定保健指導の対価、介護福祉士によるたん吸引の対価、治療や療養に必要な医薬品の購入の対価などが含まれます。


旭川中税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
旭川中税務署(署番号04131)
所在地 旭川市宮前1条3丁目3番15号
電話番号 0166-90-1451
備考


新型コロナウィルス対策で申告・納付期限延長

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、所得税の確定申告期限・納付期限は令和2年4月16日(木)まで延長、振替納税の場合の振替日は5月15日(金)に延期されました。

ただし、外出自粛などでこの期限内の申告が困難な人については、4月17日以降も申告を受け付ける柔軟な対応をすることになりました(4月6日付け国税庁発表)。4月17日以降の申告相談は原則として事前予約制になります

旭川中税務署への電話相談

旭川中税務署の電話番号に電話を掛けると自動音声案内で用件に応じていずれかの番号をプッシュするように誘導されます。
税金に関する一般的な相談の場合は「1」を、「税務署からのお尋ね」に対する回答や個別の納税相談、税務署に直接来庁する場合のアポイントメント(予約)をしたい場合は「2」をプッシュします。



↑ ページの最初に戻る