医療費控除

 



医療費控除 近畿地方

新宮税務署での医療費控除の手続き



医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント



医療費控除の対象になる医療費とは

医療費控除の対象になる医療費は、医師や歯科医師に支払った治療費をはじめとして、病院までの通院にかかった交通費、治療に必要な薬代、介護に係る一定の費用などです。
治療費や薬代は保険適用の有無にかかわらず原則として医療費控除の対象ですが、病気の予防や美容のための費用(美容整形など)は対象外です。


還付金の振込先金融機関について

確定申告により医療費控除の適用が受けられることになり、納めすぎになっていた所得税が還付される場合には、通常は確定申告書の所定の欄に金融機関名や支店名、口座番号などを記載しておけば、いずれ税務署から還付金がその口座に振り込まれます。この場合、一般的な国内にある銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合、漁業協同組合の預金口座であれば、振込の対象となります。しかし、一部のネットバンクでは還付金を取り扱っていないことがあります。


新宮税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
新宮税務署(署番号03513)
所在地 新宮市伊佐田町2丁目1番地20
電話番号 0735-22-5261
備考


新宮税務署の確定申告会場・申告期間

新宮税務署管内の令和元年分(2019年分)の所得税の確定申告の申告会場や開設期間は次のとおりです。

新宮税務署管内
申告会場:新宮税務署
開設期間:令和2年(2020年)2月17日(月)から3月16日(月)まで
※ 土曜日・日曜日・祝日等は原則として税務署は休みですが、一部の税務署では確定申告期間中に限り日曜・休日開庁することがありますので、詳細はお問い合わせください。
備考: 

※ なお、国税庁ホームページからインターネットを使って申告書の作成や印刷、提出ができる「確定申告書等作成コーナー」は、1月6日(月)から令和元年分所得税等の申告用バージョンに切り替わっています。それ以前のものは「過去の年分の申告書等の作成」メニューから作成します。


新宮税務署への電話相談

新宮税務署の電話番号に電話を掛けると自動音声案内で用件に応じていずれかの番号をプッシュするように誘導されます。
税金に関する一般的な相談の場合は「1」を、「税務署からのお尋ね」に対する回答や個別の納税相談、税務署に直接来庁する場合のアポイントメント(予約)をしたい場合は「2」をプッシュします。
また、令和2年1月6日(月)から3月16日(月)(所得税の確定申告最終日)までの期間中に「0」をプッシュすると、確定申告の期間や仕方、申告会場などについての照会や相談ができます。(オペレーター、内容により税理士や税務署職員が応対します。)



↑ ページの最初に戻る