医療費控除

 





医療費控除 近畿地方

吉野税務署での医療費控除の手続き



医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント



入院に際して医療費控除の対象にならない経費

入院や通院に要した費用は一般に医療費控除の対象とされています。しかし、これにも限度があり、入院に際して寝巻きや洗面具などの身の回り品を購入した費用は、医療との明確な関連性がありませんので、医療費控除の対象になりません。また、いわゆる病院食、病院に対して支払う入院中の食事代は入院費用の一部として医療費控除の対象に含まれますが、もしもこれとは別に弁当などの出前を取ったり、レストランで外食したような場合には、通常の食事と同様とみなして控除の対象には含まれません。


医療費控除の還付金の金額

1箇所から給与を受けているサラリーマンの場合には給与から所得税や住民税が源泉徴収されるため、通常は確定申告の必要がありません。しかし年間に支払った医療費が多い場合には、確定申告によって医療費控除の対象となる金額分が納めすぎになっているため、税務署から還付してもらうことができます。このような医療費控除の還付金は、納税者本人の所得金額によっても違いがあります。たとえば年間に20万円の医療費を支払い、生命保険の保険金などの補填される金額がいっさいなかった場合には、医療費控除の対象額は通常であれば10万円です。ところが所得税の還付金は10万円そのものではなく、これに税率を掛けたもの、たとえば課税所得金額が300万円の人であれば所得税率は10パーセントですので、10万円に10パーセントを掛けた1万円が、600万円の人であれば所得税率は20パーセントですので、10万円に20パーセントを掛けた2万円だけが税務署から還付されます。


吉野税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
吉野税務署(署番号03409)
所在地 吉野郡吉野町丹治200-1
電話番号 0746-32-3385
備考


新型コロナウィルス対策で申告・納付期限延長

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、所得税の確定申告期限・納付期限は令和2年4月16日(木)まで延長、振替納税の場合の振替日は5月15日(金)に延期されました。

ただし、外出自粛などでこの期限内の申告が困難な人については、4月17日以降も申告を受け付ける柔軟な対応をすることになりました(4月6日付け国税庁発表)。4月17日以降の申告相談は原則として事前予約制になります

吉野税務署への電話相談

吉野税務署の電話番号に電話を掛けると自動音声案内で用件に応じていずれかの番号をプッシュするように誘導されます。
税金に関する一般的な相談の場合は「1」を、「税務署からのお尋ね」に対する回答や個別の納税相談、税務署に直接来庁する場合のアポイントメント(予約)をしたい場合は「2」をプッシュします。



↑ ページの最初に戻る