医療費控除

 





医療費控除 近畿地方


奈良税務署での医療費控除の手続き

医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント

自治体の独自施策による医療費助成がある場合

自治体によっては中学生未満などの一定の年齢区分にあてはまる住民が医療を受診した場合に、その自治体独自の施策として、医療費の自己負担額を減免していることがあります。このような場合に、もしも医療費通知には減免される前の額が記載されていたとしても、医療費控除が認められるのはあくまでも減免後の実際に支払った額だけとなります。


取組を行ったことを明らかにする書類

セルフメディケーション税制の適用を受けるためには、対象となる医薬品(特定一般用医薬品)の購入費の金額などを記載した明細書を確定申告書に添付するとともに、かつ、この特例の適用を受ける年に「一定の取組を行ったことを明らかにする書類」を確定申告書にあわせて添付するか、または確定申告書の提出時に提示する必要があるとされています。
この「一定の取組を行ったことを明らかにする書類」は、具体的にはインフルエンザの予防接種の領収証、市区町村のがん検診や職場で受けた定期健康診断、人間ドックの結果通知表などが該当します。ただし、こうした書類には「定期健康診断」や「特定健康診査」などの名称や勤務先・保険者名の記載があって、「一定の取組」の内容が特定できることが必要です。


奈良税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
奈良税務署(署番号03401)
所在地 奈良市登大路町81
電話番号 0742-26-1201
備考



↑ ページの最初に戻る