医療費控除

 





医療費控除 近畿地方

洲本税務署での医療費控除の手続き



医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント



医療費控除の対象となる具体例

医師・歯科医師による診療や治療を受けるために直接必要な費用は一定の範囲で医療費控除の対象になります。その具体的な例としては、治療や診療にかかる通院費、入院の対価として支払う部屋代や食事代、医療用器具の購入費用、義歯(入れ歯)・補聴器・松葉づえ・義足・義手などの購入費用、医師による「おむつ使用証明書」が付いた6か月以上の寝たきりの人のおむつ代、介護保険による施設・サービスの対価のうち一定のものなどが挙げられます。


医療費通知による医療費控除の明細書の簡素化

確定申告において医療費控除の適用を受けたい場合、医療保険者が発行するものであって、一定の項目に関する記載がある「医療費通知」を確定申告書に添付すれば、本来は必要とされている「医療費控除の明細書」の記載を簡略化することができ、医療費の領収書の保存も不要とすることができます。この場合の一定の項目ですが、被保険者等の氏名、療養を受けた年月、療養を受けた者、療養を受けた病院・診療所・薬局等の名称、被保険者等が支払った医療費の額、保険者等の名称がこれに該当します。


洲本税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
洲本税務署(署番号03345)
所在地 洲本市山手1丁目1番15号
電話番号 0799-24-1212
備考


新型コロナウィルス対策で申告・納付期限延長

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、所得税の確定申告期限・納付期限は令和2年4月16日(木)まで延長、振替納税の場合の振替日は5月15日(金)に延期されました。

ただし、外出自粛などでこの期限内の申告が困難な人については、4月17日以降も申告を受け付ける柔軟な対応をすることになりました(4月6日付け国税庁発表)。4月17日以降の申告相談は原則として事前予約制になります

洲本税務署への電話相談

洲本税務署の電話番号に電話を掛けると自動音声案内で用件に応じていずれかの番号をプッシュするように誘導されます。
税金に関する一般的な相談の場合は「1」を、「税務署からのお尋ね」に対する回答や個別の納税相談、税務署に直接来庁する場合のアポイントメント(予約)をしたい場合は「2」をプッシュします。



↑ ページの最初に戻る