医療費控除

 





医療費控除 近畿地方


舞鶴税務署での医療費控除の手続き

医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5パーセント

平成28年分以前の確定申告書を提出する場合

平成29年分以後の確定申告書において医療費控除の適用を受けたい場合には、制度改正によって添付書類が簡素化されているため、医療費の領収書から「医療費控除の明細書」を作成し、確定申告書に添付するだけで足ります。しかし、平成28年分以前の確定申告書を提出する場合には、制度が簡素化される以前となりますので、医療費の領収書を確定申告書に添付するか、または確定申告書を提出する際に提示する必要があります。なお、給与所得のある人は、これらのほかにも給与所得の源泉徴収票(原本)の添付が必要です。


確定申告書等作成コーナーで作成した申告書を印刷して提出する場合の注意

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用して医療費控除の内容を含む確定申告書を作成した場合には、これを電子申告の方式ではなく、紙にプリントしたものを税務署に送付する方法によって申告をすることは可能です。このように書面による提出の場合には、医療費控除の対象とした経費の領収書は確定申告期限から5年間保存するか、または「医療費通知」(書面)を確定申告書に添付して提出する必要があります。


舞鶴税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
舞鶴税務署(署番号03223)
所在地 舞鶴市字上安久240
電話番号 0773-75-0801
備考



↑ ページの最初に戻る