医療費控除

 



医療費控除 関東地方

相模原税務署での医療費控除の手続き



医療費控除とは

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に、本人又は本人と生計を同一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に、その支払った医療費のうちの一定の金額を所得から控除することができる制度のことをいいます。

医療費控除の対象となる金額


(実際に支払った医療費の合計額 - 生命保険などで補填される金額) - 10万円(※)
※ ただし、総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額の5パーセント



「医療費のお知らせ」に不備がある場合の対応

「医療費のお知らせ」を確定申告の際に申告書に添付して医療費控除を受けるようにすれば、煩雑な記載が必要なくなるので便利です。もしも「医療費のお知らせ」に不備があってこの方法が使えない場合には、かわりの方法として、医療費の領収証にもとづき「医療費控除の明細書」を作成して申告書に添付するか、または自己負担額を「医療費のお知らせ」に加筆して補完することによって、目的を果たすことが可能です。


医療費の領収書の提出又は提示にかかる経過措置

平成29年度税制改正に伴い、医療費控除の適用を受ける場合に必要な提出書類は簡略化されていますので、平成29年分以降の所得税の確定申告において医療費控除の適用を受ける場合は、原則として医療費の領収書に基づいて必要事項を記載した「医療費控除の明細書」を確定申告書に添付するだけでよく、従来のように医療費の領収書を確定申告書に添付したり、又は確定申告書を提出する際に提示したりする必要はありません。ただし、平成29年から平成31年までの各年分については、改正に伴う経過措置として、従来どおり医療費の領収書を確定申告書に添付したり、又は確定申告書を提出する際に提示することもできるとされています。


相模原税務署の所在地及び連絡先電話番号

地図

署名・
署番号
相模原税務署(署番号01235)
所在地 相模原市中央区富士見6丁目4番14号
電話番号 042-756-8211
備考


納付が遅れた場合の延滞税について

所得税を納付期限までに納付できなかった場合には延滞税が発生します。この延滞税の計算方法ですが、納付すべき本税の額に延滞税の割合、期間をそれぞれ乗じたものを365日で割ったものが延滞税の額となります。この場合の納付すべき本税の額は、10000円未満の端数切り捨て、計算で得られた延滞税の額も1円未満の端数切り捨てで処理しますので、税額が少なかったり日数が少なかったりする場合には発生しないこともあります。なお、延滞税の割合は、納期限までの期間及び納期限の翌日から2月を経過する日までの期間については、年7.3%と特例基準割合+1%のいずれか低い割合、納期限の翌日から2月を経過する日の翌日以後については、年14.6%と特例基準割合+7.3%のいずれか低い割合とされていますので、それぞれの期間ごとに別々に計算した上で足し合わせたものが実際の延滞税の額となります。


給与所得者の還付申告について

給与所得者であって、次のような場合には、原則として所得税の還付申告を行うことができます。
 多額の医療費を支出したとき
 特定の寄附をしたとき
 一定の要件を満たすマイホームを取得して住宅ローンがあるとき
 年の途中で退職し、年末調整を受けずに所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額が納め過ぎとなっているときなど


相模原税務署への電話相談

相模原税務署の電話番号に電話を掛けると自動音声案内で用件に応じていずれかの番号をプッシュするように誘導されます。
税金に関する一般的な相談の場合は「1」を、「税務署からのお尋ね」に対する回答や個別の納税相談、税務署に直接来庁する場合のアポイントメント(予約)をしたい場合は「2」を、消費税の軽減税率制度に関する問い合わせや相談は「3」をプッシュします。



↑ ページの最初に戻る