岡崎の古刹で暗闇に鬼が登場する鬼まつりで知られる滝山寺

滝山寺

愛知県岡崎市にある滝山寺は、天武天皇の勅願により薬師如来を祀ったのがはじまりと伝えられる歴史のある寺院です。本堂の右手裏には徳川家康が再建したという日吉山王社も祀られています。寺宝の聖観音・梵天・帝釈天三尊像は運慶・湛慶の手になる鎌倉時代の優品で、昭和56年に国の重要文化財に指定されています。毎年旧暦正月には鎌倉時代からの伝統で「滝山寺鬼まつり」が催されており、暗闇の中で松明とともに鬼が登場します。

滝山寺のアクセス方法と駐車場

住所 愛知県岡崎市滝町山籠107
電話番号 0564-46-2296

滝山寺に公共交通機関でアクセスする場合は、名鉄「東岡崎駅」より名鉄バスに乗って「滝団地口」下車して徒歩3分ほどです。
なお、三門から本堂や宝物殿までは長い坂道か石段を通らなければならず、その距離は700mほどあります。
マイカーやレンタカーでのアクセスであれば、東名高速道路「岡崎インターチェンジ」から15分です。
駐車場はおよそ100台分用意されています。

滝山寺の料金

滝山寺の宝物殿見学は400円、東照宮本殿見学は200円で土日のみとなっています。
その他の日についても本堂ほか境内そのものは自由に見学ができます。