桶狭間敗戦で家康が逃れた松平家菩提寺として知られる大樹寺

大樹寺

愛知県岡崎市の大樹寺は、松平家4代にあたる松平親忠が文明7年(1475)に創建した浄土宗の寺院です。代々の松平家・徳川家の菩提寺として知られており、徳川将軍の位牌が安置されています。桶狭間の戦いで敗れた後の徳川家康がこの寺に逃げ落ちて自害を試みた際、住職から諭されて思いとどまったという逸話があります。

大樹寺のアクセス方法と駐車場

住所 愛知県岡崎市鴨田町字広元5‐1
電話番号 0564-21-3917

大樹寺は岡崎市の市街地にあり、愛知環状鉄道「大門駅」より徒歩10分の距離にあります。名鉄「東岡崎駅」からであれば、名鉄バスに乗って「大樹寺」バス停で下車して徒歩5分になります。
マイカーやレンタカーの場合は、東名高速道路の岡崎インターチェンジから県道16号線経由で15分ほどです。
境内には無料の駐車場があります。

大樹寺の営業時間と料金

大樹寺の境内は自由ですが、内部に入って拝観するのは9時から15時(受付は14時50分)まで、宝物殿・大方丈拝観あわせて大人400円、障がい者350円、小中学生200円、幼児無料となっています。団体割引は15名以上に適用で、1人350円となります。
ただし、現在は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、収蔵庫のみ拝観休止となっています。